株式会社市民火葬協会

札幌のペット火葬で出会うことはあまりないものの死にも至る猫エイズ

お問い合わせはこちら

猫のエイズ

知ることで飼い猫をエイズから守る

CAT AIDS

猫がかかる感染症の中に、猫エイズがあります。人が罹患するエイズとは別物で猫同士でしか感染せず、発症してしまうと免疫機能が低下してやがては死に至ります。しかし、感染しても発症しないまま天寿を全うする猫も多く、室内飼いをしてワクチン接種することで感染自体を防げます。安心して猫との生活を送っていただくための一つの情報としてお届けしてまいります。

猫エイズとは

猫エイズ、猫後天性免疫不全症候群とは、猫免疫不全ウイルスが原因でおこる症状です。猫エイズに感染するとキャリアとなりますが、ウイルスの活動が抑えられている間は症状がでません。感染直後は風邪の様な症状が長くて2ヶ月程出て、その後発症しない限り普通に生活できます。ウイルスの活動が始まると発症となり喉、脇、膝の後ろ、足の付け根のリンパ節が腫れてきます。やがては食欲不振、口内炎、貧血、下痢、腫瘍などの症状をおこし亡くなってしまいます。

猫エイズって感染するの

エイズと聞くとびっくりされてしまう方も多いでしょうし、不安に思う面があると思いますが、人エイズと猫エイズは感染症ですが猫エイズが人や他の動物にうつることはありません。人エイズも猫にうつることはありません。猫エイズは猫同士でしか感染しません。感染経路としては迎え入れた野良猫・野良猫が出産した子猫・拾った子猫・脱走後に帰ってきた飼い猫・放し飼い猫・散歩猫・野良猫と外で接触した飼い猫などが主です。因みに犬エイズは存在しておりません。

大切な家族のために

室内飼いであればあまり心配のいらない感染症ですが脱走してしまったり、出入自由の猫は感染症のみならず、ケンカでケガをする、ケンカで感染症にかかってしまう、事故などの心配がありますので、できれば室内飼育をお勧めいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。