株式会社市民火葬協会

【虹の橋】

お問い合わせはこちら

【虹の橋】

【虹の橋】

2022/06/11

【虹の橋】

本日は、【虹の橋】について少しお話したいと思います。

虹の橋というのは、詩の中で登場する架空の場所です。

生前、誰かと共に過ごした動物達が、死を迎えたときに辿り着く場所だと言われております。

虹の橋には、十分な食料と新鮮な水があり、気持ちの良い日差しが降り注いでおり、生前病気だった子も、そこでは元気に走り回っているそうです。

動物達は幸せに暮らしているのですが、ただ一つだけ満たされずにいることがあり、それは、共に過ごした愛おしい人がそこにはいないということです。

その人のことが恋しくて、寂しい思いをしながら、仲間とともに虹の橋で過ごしています。

人間もいつかは必ずお迎えが来ます。

その時、かつて一緒に過ごした愛おしい「子」と虹の橋で再会することができ、再会した後は二度と離れることはないそうです。

再会した飼い主様とペットちゃんは、一緒に並んで天国へと向かうそうです。

作者が不明のこの詩は、長い間、たくさんの人の心を癒し、励ましてきたことでしょう。

大切なペットちゃんを亡くされたご経験は、なかなか癒えることのない出来事ですが、少しでもこの詩が励みになればと思い、紹介させていただきました。

本日も、お読みいただき、ありがとうございます。

----------------------------------------------------------------------
ペット市民火葬協会
〒061-2283
北海道札幌市南区藤野3条7丁目2-24
電話番号 :011-206-8244


お安い火葬プランを札幌で提供

丁寧な個別対応で札幌で高評価

出張は札幌市内なら無料で対応

24時間札幌で個別火葬に対応

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。