株式会社市民火葬協会

最後の時間を泣かないで笑顔で送り届ける事はとても難しい事でしょう。

お問い合わせはこちら

最後の時間を泣かないで笑顔で送り届ける事はとても難しい事でしょう。

最後の時間を泣かないで笑顔で送り届ける事はとても難しい事でしょう。

2022/12/03

こないだまで元気でお散歩も日常生活も普段通りでした。

亡くなる2日前からご飯も食べれなくなり、寝ている時間も多くなりました。

トイレも普段にしており、お水も自分で飲みに行き、不安な気持ちはありましたが仕事に出掛けました。帰ったら今までは毎日お迎えのトコトコ駆け寄ってくることもなく、慌ててベットを見に行ったら動くのが大変そうに待っていました。私が慌てて病院に電話をして夜間救急だと時間がかかりそうななので、救急、獣医さんにすぐに来てもらいましたが、なるべく早くかかりつけの病院で詳しい検査をしてもらったほうがいいとの事でした。

前に5月に血液検査もしていたのに・・・。心臓が確かに5歳位の時に少し肥大あるけど経過観察で問題ないと言われてからもっと検査していればととても後悔しています。

あっという間に11歳と7ヵ月で翌日の朝、私の腕の中で亡くなってしまいました。

あまりのショックと思考停止で何も手につきませんが、今までたくさんの癒しと可愛いをありがとうと泣かないで言える日が早くいきますように。ありがとう。

 

----------------------------------------------------------------------
ペット市民火葬協会
〒061-2283
北海道札幌市南区藤野3条7丁目2-24
電話番号 :011-206-8244


24時間札幌で個別火葬に対応

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。